ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

IoTで効率的な毎日を手に入れ、その隙間に僕はなにをすべきか?

IoT

IoTとはモノをインターネットとつなげてどうにかすること。スマートグラス、スマートシティ、スマート家電。スマートがつけばだいたいIoTのことだと思えば良い。スマートフォンとかね。

 

例としてよく聞くのが冷蔵庫をインターネットに繋げるということ。

 

  • 冷蔵庫の中の在庫を把握する
  • 冷蔵庫の中にあるものからレシピを考える
  • 賞味期限を把握する

 

在庫が把握できれば「お砂糖はまだあったかしら?」なんて考えることもなくなる。ムダな在庫を持つこともなくなる。それでも安売りをしていれば飛びついて買う人が多いのだろうけれど。

 

冷蔵庫にある食材から献立を考えてくれるのは便利かもしれない。毎日の献立に困っている人は多いのだろうし。料理が得意だった母も献立に困ることはあったようで「今日はなにが食べたい?」なんて僕によく聞いていた。僕の答えは決まって「なんでもいい」だった。

 

賞味期限がわかるのも便利だ。ゴミは減るし財布にはやさしいし。僕自身は賞味期限を切らしたことはほぼない。だいたい三日で冷蔵庫の中の食材の大半を使い切る。使い切れなければ冷凍する。食べ物を腐らせるだなんて勿体ないことをしてはならぬぞ。でも玉ねぎを冷蔵庫に入れておいたのは失敗だった。返って傷んでしまった。じゃがいもは冷蔵庫にいれておくと芽が出なくてよい。じゃがいもは陽に当てないようにと暗いところに保存しておいてもいつの間にか芽が出て困る。じゃがいもの芽は食べると死んでしまうから食べないほうがいいんだってよ。同じくタコの足の先には毒があるから食べないほうがいいと聞いたことがあるからタコの足は1cm程度切り落とすようにしている。本当に毒があるなら切り取って売るはずだとは思うけど。

 

ところでスマートなんとかの話だ。全て自動でしてくれれば便利だが僕はきっと馬鹿になってしまうと思う。毎日があまりにも効率的になると今よりも更に単調な日々を過ごさなければいけないのではないか?そして更に時間を持て余すようになるのではないか?それらに変わって僕を満たしてくれるものはなにか?それもIoTで実現可能なのだろうか?