ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

新派の黒蜥蜴を観劇しての感想

新派 黒蜥蜴

六月花形新派公演「黒蜥蜴」を観た。千秋楽の日に。僕は以前に美輪明宏バージョンの舞台を観たことがある。黒蜥蜴といえば美輪明宏というくらいにその印象は強い。

 

明智小五郎を喜多村緑郎、 黒蜥蜴を河合雪之丞が演じる。ふたりは元歌舞伎役者。僕がひいきにしてる澤瀉屋にいた。ちなみに今現在の澤瀉屋には現在、市川猿之助や中車がいる。

 

元歌舞伎役者という影響があってか劇中には歌舞伎の要素も盛り込まれていた。見得を切る場面やだんまりの場面。早代わりもある。 もちろんそれがメインの見所になっているわけではなく、さりげなく演出されている。

 

www.youtube.com

 

河合雪之丞は歌舞伎のときの印象とは全く違っていた。声も違う。雰囲気も違う。そして貴婦人という役がぴったりだった。こういう役は男性が演じるほうが断然面白い。女性がこれを演じると嫌みっぽくなってしまうのではないだろうか。

 

喜多村緑郎としての舞台ははじめてみた。こちらも声の出し方などがまるで違っていて、ずいぶんと違う印象を受けた。以前に拝見したのは段治郎だったとき。スーパー歌舞伎ヤマトタケルで市川右近(元、右團次)とダブルキャストで主演を務めたのが印象に残っている。

 

黒蜥蜴と三越劇場の雰囲気がバッチリだったのもよかった。こんな感じ。
f:id:truc-des-4977:20170625112120j:image
こんなすてきな劇場がまだあるなんて。時を経てさらに魅力が増すタイプの劇場だね。 

 

新派は僕にとって初で「黒蜥蜴なら見てもいっか」という程度で望んだ。そして僕の勘は正しかった。観て正解だった。春猿が新派に移籍したのもわかる気がする。歌舞伎の世界にいては先がみえている。血筋が重要な世界でそれは伝統といえば聞こえはいいが、既得権益といってもいい。そこで思いきって転職をしたわけだ。変わることの大切さと守っていくものの大切さ。既得権益の絶対的な強さ。どの世界もにたようなものだと思った。