ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

夏を涼しく乗り切る僕だけの方法

桃

暑い。たいして雨も降っていないのに梅雨明けだろうか。僕は毎年この時期に部屋を変える。日差しの強い部屋から日陰の涼しい部屋へと引っ越すのだ。

 

 

今回の引越しのタイミングは絶妙だった。毎年、引越しをするのが少し早くて夜などは少し寒かったりもした。「ちょっと引っ越すの早かったなぁ」などと取るに足らない後悔をしていた。

 

昨日の夜は少し寝苦しい程度。「明日、気が向いたら部屋を引っ越すか」となんとなく考えていた。そして、今朝。たいして気は向かなかったが、なんとなく引っ越すことにした。日中は蒸し暑くて、とてもじゃないがその部屋にはいられない。今日、引っ越して正解だった。

 

机と椅子とパソコンを運ぶ。夏物の衣類と冬物の衣類を入れ替える。同居しているオカヤドカリも引越し。これについては珍しい場面を目撃したので後日、記事にしましょう。

 

いちばんたいへんなのはベッド。セミダブルだから重い。とてもひとりじゃ運べない。大きなものを楽して運ぶにはどうしたらいいか。人は古代から丸太を使ってきたよね。さすがに家の中で丸太を使うわけにはいかないから、僕は立てたベッドの下に座布団をかまして滑らしながら移動させている。そうすれば力もいらないし、廊下が傷つくこともない。賢いよね、僕って。

 

その作業だけで汗だく。汗だくついでに庭も少し掃除しよう。しばらく家を空けていたから雑然としている。表を掃く。庭木もついでに剪定する。暑い。まだ午前中なのになんて暑さだ。

 

あじさいは咲き放題。せっかくだから摘んで生けてみる。

あじさい

 

ところで冒頭の写真なんだと思う?正解はこの後。

 

 

 

 

桃

 

正解は桃でした。スマホの写真の解像度ってすごいよね。目には見えない産毛みたいなのもあんなにきれいに撮れるんだから。そりゃスマホ写真で指紋が盗まれても仕方がないね。

 

クッションの色は赤から

 

クッションの色

 

黄緑へ。

 

クッションの色

 

涼しく過ごすには見た目の重要。

 

冬がくるまでは、ここでしばらく過ごします。家の中の別荘って感じ。