ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

毒をもって毒を制す

猛獣

前任者の亡霊にまとわりつかれている。前任者が所属している部署へのシステム導入を検討することになった。そのシステム導入は実は前任者が放棄した仕事だ。やったふりをして実は運用されていなかった。それをまたもや僕が引き継ぐことになったのだ。これと全く同様の仕事を年末に終えたばかりで、今回の仕事はいわば第二弾だ。ちなみに第一弾の現場担当者は泥人形だった。

 

 

前任者のその職場でのポジションはシステム担当者ではない。だけど知識は誰よりも持っているので現場の人間からは実質のシステム担当者として重宝されるよう。しかしシステム担当者の間ではすこぶる評判が悪い。僕は彼の後任となったわけだが、彼からの引き継ぎは全くなかった。それどころか引き受けた仕事を放ったらかしにしてこの職場を去ったのだ。

 

 

それに追い打ちをかけるような今回の案件。まだまだ彼の尻拭いをさせられるようで。それ事態はいいのだが、なぜか彼が検討メンバーに入っている?はぁ?仕事を放棄した張本人だろう?そんな人間にアドバイスを受けるつもりはないぞ?メンバーから外してもらうように上司を通じてお願いしているのだが、なかなかメールのTOからその名前が消えない。名前をみるたびに脈はあがり、頭の後ろのほうがモヤモヤとしてくる。さて、どうしよう。

 

僕のチームはつい先日、チーム編成が変更されたばかりで、その中には前任者の天敵もいる。仮にマングース次長としよう。前任者はそのマングース次長の元で働いていた。そのときから前任者のわがままぶりは凄かったらしい。それを押さえつけていたのが、マングース次長だった。マングース次長は猛獣使いだった。しかし、時は経ち、前任者の上司は代わった。それが今の僕の上司だ。僕の上司は猛獣使いにはなれなかった。解き放たれた猛獣は人々に牙を振るうようになった。僕はその犠牲者のひとりだった。僕は今、ふたたび襲われようとしている。僕はマングース次長にふたたび猛獣使いになってもらうようにお願いした。

 

「助けていただきたく」

 

マングース次長は快く引き受けてくれた。頼られて悪い気がする人はいないだろう。マングース次長は猛獣使いとしての威力を最大限に発揮できる場を再び得たのだ。

 

この体制は、実は毒をもって毒を制す形となる。僕自身がその毒に侵される危険性もじゅうぶんにはらんでいる。危険なカケなのだが、このくらいの荒療治をしないと対抗できない。野に解き放たれた猛獣をふたたび封印することができるのか。僕はマングース次長に期待をしている。