ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

シーズン終わりに服を捨てることのデメリット

服

僕はここ数年(といっても二年くらい)季節が終わったらシーズンものの衣類を捨てるようにしている。衣類といっても下着や靴下などの小物に限るし、来シーズンも着れそうなものは残しているのだけど。

 

夏が終われば薄手のインナーは捨てる。ユニクロのエアリズム。僕は襟のあるシャツを着ることが多いから、インナーとしてそれを着ることが多い。エアリズムはとっても薄くて場所をとらないからいい。旅行に持っていくにも最適。短い靴下もくたびれてしまえば夏の終りに捨てる。冬に短い靴下はちと寒い。足首を温めるのは大切だからね。僕はとくに冷え性なので足首から風邪を引いてしまうのだ。

 

冬は逆に長い靴下となる。最近の靴下は品質がいいので穴が空いてしまうことは滅多にないけど、かかとの部分などはいつの間にか薄くなっていることがある。人前で靴を脱ぐ機会があって、その状態だと少しみっともないので気をつけている。冬の終わりにそれをチェックしてダメそうなら捨てる。

 

冬のインナーもユニクロ。ヒートテック。これは紺や黒を愛用しているので汚れが目立つことはないが、しだいにヨレヨレになっていくので何年も同じものを着るのはみっともない。段々とヒートテックの効果が薄れていくという話も聞いたことがある。本当かどうか知らないけど。

 

僕がシーズン終わりにこうしたものを捨てるのは、翌シーズンに新しいものを着たいという思いがあるからだ。そのほうがなんだかウキウキする。新しい衣類で新しいシーズンを迎える。だけども、これにはデメリットがある。シーズンはじめだと、これらのものが安くならないのだ。要するにセールがない。シーズンが進めばセールも増えるのだが、僕はシーズンはじめにそれを買いたいので安く買える機会がなかなか訪れない。ユニクロはセールになると半額程度になることもあるよね。それを逃してしまうのは惜しい。しかし、頻繁にセールが行われる時期まで待っていると着るものがない。シーズンが終わってヨレヨレになったものは早く手放したい。保管しておきたくない。これはなかなかのジレンマだ。

 

今のところ僕は在庫を持たず、スッキリとした生活を送る選択をとっている。なんかいい方法はないものだろうか。