ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

家庭用プロジェクタースクリーン(サイズ:100インチ)を購入した

スクリーン

プロジェクターを購入しました。 プロジェクターの映像は白い壁に映すものです。しかし、今の僕の部屋の壁は白くありません。そこでプロジェクターの購入と同時にスクリーンも購入しました。

 

購入したのは「Yokkao プロジェクタースクリーン」大きさは100インチです。同時に購入した「Sugoiti DLP式プロジェクター 」が最大100インチまで映せるようなので、この大きさにしました。でも、もうワンサイズ小さめでもよかったかも。僕の部屋は10畳以上ありますが、そう感じました。

 

僕がもっとも重視したのは値段の安さです。大きなものだからそのうち邪魔に感じるかもしれない。すぐに飽きてしまうかもしれない。なにせはじめてスクリーンを購入しますから、どのようなものがいいのかわかりません。自動巻き取り式や自立式の三脚がついたものは便利そうですが、それなりの値段です。まずは、お試し的に安いものを購入して、頻繁にプロジェクターを使うようであれば、便利なものを購入しよう。そう思いました。

 

荷姿

スクリーン

こんな感じで丸い筒に入れられています。

 

スクリーン

端っこをうまく切りしましょう。スクリーンを片付けたいときはこの筒に入れておくと便利そう。だから捨てない。

 

スクリーンを広げた感じは冒頭の写真のとおり。100インチはさすがにでかいです。ちなみに縦横比が16:9のワイド型です。

 

設置

スクリーン

こんな感じで設置しました。いまいち垢抜けない感じですけど気にしない。設置場所はいちばん光が入らない壁面へ。ハンガーがぶら下がっている理由はのちほど。

 

設置する際にスクリーンがよれたりしないかと心配でしたが意外と大丈夫です。ひとりでも平気。コツは一気にササッとやること。悩んだり手間取るとヨレヨレになるかもしれません。

 

スクリーン

取り外しをするたびに壁に画鋲で穴を開けるのがいやだったので、荷物紐でつるしています。 穴は一辺に三箇所のみです。

 

スクリーン

最初にお伝えしました通り、このスクリーンは筒に丸められて送られてきますから開封直後に壁にかけると写真のように下側がくるんと丸まってしまいます。

 

スクリーン

このハンガーがちょうどいい具合におもりになってくれました。重すぎず軽すぎず、ひっかける部分もあるしベスト!

 

スクリーン

ちなみに穴の部分はこんな感じ。スクリーンの上下に三箇所ずつ、計六箇所開いています。

 

投影した感じ等は別の記事でお伝えすることにしましょう。