ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

風邪を引きそうになったらポカリスエットにかぎる

ポカリスエット

どうにも今の職場はクーラーを効かせ過ぎる。寒くてたまらない。僕は基本的にデスクワークなので、一日中、自分の席に座っていることが多い。結果、二年前にはクーラー病になった。そうか、あれはもう二年も前の出来事か。

 

 

当時の僕の席はクーラーの風がモロに当たる場所だった。しかも、首の後ろ辺りに直接あたるものだから体の芯から冷えた。 とても耐えられなかったから席を移動した。窓際の暖かい席。だけども、足元は冷たい。

 

エアコンのスイッチの近くを通るたびに温度を下げるやつがいる。文句を言いたいが、やつは職制だし、悪い人ではないので直接文句をいうのも躊躇われる。僕以外の人も寒いようで、その職制がいなくなったら、すぐに温度を上げてくれる。それでも寒いのだけれど。

 

夏場はくるぶしまでの短い靴下を履くことが多い。足元が冷える今の職場では、くるぶしから風邪を引いてしまう。多分、夏バテしているのだろう。体が弱ってくるとその冷たさにやられてしまう。くるぶしの冷たさは体全体を冷やす。

 

ようやく仕事が終わり、外へ。外気温の暖かいこと。だけでも、なぜだか寒気がする。やばい、これはクーラー病のときと同じやつだ。暑いのだか、寒いのだかわからない状態。直射日光で最高に熱くなっている車内が心地よい。次第に身体中が痛くなる。風邪をひいてしまって身体中が痛くなる時みたいに。

 

お腹は空くけど食欲はない。食べて栄養を取らなければ、ますます体は弱る。野菜やキノコを入れたおかゆを作ろう。茶碗半分のお粥を無理して食べる。うぅ、つらい。あとは水分補給。そういえば押し入れに去年買ったポカリスエットがあるはずだ。去年、風邪っぽかったときに買ったポカリスエット。僕は風邪を引いた時にこれさえがぶ飲みしてれば風邪が治る。小さい頃に近所のお医者さんが「風邪引いたらポカリスエット飲んどきゃ治る」って言ったのを未だに信じていて、結果、毎回乗り切っている。先生の暗示はすごい。

 

消費期限は半年くらい過ぎているけど問題ないかな。ネットで調べたら未開封であれば問題はないらしい。風味は落ちるみたいだけど、そんなことは構わない。ずっと在庫として持っていたものが処分できてよかった。風邪を引いてよかったと思うことにしよう。