ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

血液検査の結果、マイコプラズマ肺炎ではないかと

点滴

 

えっと、元気です。あれから結局、四日連続で点滴を受けるために通院しました。普段は出かけることも少ないのに、病気になった途端に外出の頻度が増えるだなんて皮肉なものですね。

 

自炊するのも面倒だから出来合いのものばかり買って食べていました。甘ったるいパン。いつまでも新鮮なサラダ。プリン。生ものはよくないかなと思いつつ、美味しそうだったので御寿司も買いました。十貫を懸命に食べました。

 

肺炎がどれくらいよくなっているのか再度レントゲンを撮りました。初日に撮ったそれと比較してみせてもらいます。うーん、違いがわからない。僕も先生も「うーん」と唸ります。

 

「少しは影が薄くなってるね」

 

先生はそういいましたが、僕には違いがわかりません。僕が素人ゆえなのでしょうか。病院に行った次の日には胸の痛みは治まりましたし、熱も下がったので回復の方向には間違いないでしょう。

 

初日に行った血液検査の結果はこのようなものでした。()内は基準値

 

  • CRP定置 4.7(0.3以下)

肺炎になるとこの値がぐっと上がるそうです。確かに基準値に比べて10倍以上高いです。

 

  • WBC 10.2(3.5~9.8)

WBCはいわゆる白血球の数です。白血球は体を守るために働いてくれるものなので、僕の体はなんらかの異常があるということでしょう。

 

  • リンパ球 10.5(18~59)

リンパ球は白血球の中にあるものです。リンパ球もウイルスと懸命に戦ってくれているようで、その結果、数が減ってしまったものと思われます。

 

  • マイコプラズマ抗体値 40倍(40未満)

マイコプラズマという細菌による肺炎だった可能性が高いようです。マイコプラズマ肺炎。子どもがかかやすい肺炎のようです。

 

そういえば二週間くらい前、電車の中で嫌な咳をするなと思った人がいました。外出先でこういう人がいたら、すっとその場を去るようにしているのですが、今回はそうしませんでした。まあ、これが原因だったかはわかりませんけどね。

 

これらの数値がどれくらい下がっているのかを調べるために再度血液検査をしました。結果が判明するのは月曜日です。それが最後の通院になればいいなと思っています。