ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

自分の電話番号から着信あり、犯人を推測する

電話

僕は携帯電話を二台持っている。一台はプライベート用のスマートフォン。もう一台は会社から支給されたガラケー。会社のそれは余程のことがない限り家に持って帰ることはない。帰る時には机の中にしまって帰る。

 

今朝、机の引き出しからそれを取り出すと、着信ありのランプが光っていた。見れば昨日の夕方、僕が帰宅したあとに着信があったよう。090からの着信?外線から?会社用には内線でかかってくることがほとんどだ。内線の番号は四桁。誰がかけてきたのだろうか?僕は着信があってもよくわからない電話番号にはかけ直さない。それは会社の電話とて同じ。まあ、用事があればまたかかってくるさ。

 

そして再び、電話は鳴った。それも昼休みに。誰だよ、貴重な昼休みに電話をかけてくるやつは。見れば、また090からの着信だ。昼休みだから出ないことにする。

 

昨日と同じ番号からの着信だったのだろうか?着信履歴を確かめてみる。

 

!?

 

見覚えのある番号。それは僕のプライベートの電話番号だった。そんなばかな。僕のスマホは手元にある。もちろん、電話などかけていない。何度も番号を見直してみる。確かに僕の番号だ。誤操作で電話をかけてしまったのだろうか。僕のスマホの発信履歴を確認するが、もちろん発信した形跡はない。気味が悪い。いったい、どういうことなのだ!?

 

ネットで調べてみると、どうやらこれは詐欺の一種らしい。発信者電話番号偽装、発番号偽装。いわゆるなりすましだ。こんなことをしてまで電話をかけてくるのだから、いい電話ではないことに間違いはない。正体がわかれば無視すればいいだけだ。

 

それにしてもだ。相手は僕のプライベートの番号も知っているし、会社の外線番号も知っている人物ということになる。僕は会社の外線番号を誰かに教えたことはない。名刺には携帯番号とは別の固定番号を載せている。僕自身、自分の番号を把握していないくらいだ。プライベートの番号も身内かよほど親しい人間でしか知らない。だが、会社には緊急連絡先として番号を教えている。だとすれば、犯人は会社関係の人間では?と想像できる。

 

昨日は定時後にかかっているし、今日は昼休み中にかかってきている。仕事時間をあえて外しているのだろうか。犯人はすぐ近くの人間か?

 

なんだか薄気味が悪い。