ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

仕事の画策

うさぎとかめ

 

僕は今、ある仕事の担当を外れようと画策している。それぞれのチームにその担当者はいるのだが、今年に入って僕のチームは他のチームと統合した。結果、担当者はふたりになった。同じチームに担当者はふたりもいらない。もうひひとりの担当者は主席様で、実は全体を取り締まる偉い担当者でもあるのだ。だから、その人が全体を取り締まる人、僕はこのチーム内だけの担当者という認識でいた。

 

運営に変更があるたびに僕は主席様におうかがいを立てていた。だけども一向に返事がない。もう何ヶ月になるだろうか。その返事がないからといって業務が滞るわけではないので放っていた。もちろん、何度も催促しているのだが「あぁ、わかりました」といっては放置する。

 

「アズ君、あの件はどうなったんだっけ?」

 

上司に問われた。「あの件は主席様がボールを握っています」と答えると「主席様は忙しくて仕事がまわってないみたいだから、なんとかしてあげないと」と言われる。僕もそう思っていたから、できるだけ手間がかからないように資料を作成した。疑問点についてはコメントを書き加え、どうするべきかの提案も添えた。必要であれば説明しますと声もかけた。

 

それから数ヶ月後。運営ルールの変更が明文化されていないとの指摘を外部から受けた。主席様の受け答えを聞いていると、どうやら僕が資料を作成している認識すらないらしい。あとはね、主席様、あなたが「YES!」といってさえくれれば問題は解決するのだよ。さすがにカチンときて、でも、できるだけ冷静に、ほんの少しの嫌味をつけくわえならが主席様に苦言を呈してやった。

 

「あぁ、そうでしたか。わかりました」

 

出たよ、わかってないくせに「わかりました」だって。なにがわかったのか言ってごらんよ。それから更に月日は流れたのだが、未だにこの仕事に進展はない。

 

だから僕はもう諦めようと思うんだ。主席様、あなたの好きなようにすればいい。よかれと思って僕は率先して動いていたのだが、さすがにここまで報われないと、やる気は失せる。

 

こういう作戦でいこうと思う。

 

主席様、あなたとはこの仕事に関する考え方、方向性が違うようです。ですから一旦、この仕事の担当を外させてもらいます。もちろん協力は惜しみません。主席様の指示があれば、その通りに動きます。ただ、今後は今までのように率先して動くことはいたしません。

 

年内中に今、止まっている案件が動けば、こんな嫌味なメールは送らないつもり。多分、動かない。

 

このメールの内容に対し、ご意見がある場合は一週間以内にお返事下さい。ない場合には、本件に対しご了承頂けたものと致します。

 

この一文を忘れないように。メールしたところで主席様のことだ、返事はないのだろう。