ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

ネット通販は昼夜を問わず利用できるのから困ったものだ

ネット通販

昨日の夜から今朝にかけて、いろんなものをネット通販でポチッた。

 

昨夜は歌舞伎のチケット。昨日は先行予約の日で、こういうチケットは早めにとるに限る。いいお席はお早めになんてせかされるし。この舞台に限っては直前になっても売り切れる可能性は低いと思う。だから焦って買う必要はないのだが、同じ値段ならいい席を確保したいじゃない?やっぱりお得なほうがいいもの。少しでも新鮮な野菜を手に入れようとして、ベタベタと野菜に触りまくるおばちゃんと同じ心理。

 

今朝はまず映画のチケット。来年二月までの期限のムビチケGiftを持っていて、それを使わないといけない。持っているムビチケGiftは三千円分。映画の前売り券はだいたい1,400円くらい。二枚買える。

 

 

最近、会社の福利厚生が充実して、映画チケットが800円で買えてしまうものだから、ついついそっちを買っていた。ネット予約ができないのが不便だけど800円の魅力には勝てない。

 

ムビチケGiftで買ったのは「オリエント急行殺人事件」なんとなく豪華っぽいからお正月映画として観ようと思っていた。有名な話だからストーリーは知っているし犯人も知っている。だけども観たい。金田一シリーズを観たくなるのと一緒。どのようにリメイクされたのかが気になるって感じ。

 

次に買ったのが「はと麦」いつもアーモンドを買うネットショップで、クーポンを使ってついで買いをしたんだけど、これがお気に入りとなった。以前にも増して肌がツルスベになったような気がするのだ。最近はいろんなサプリメントを飲んでいるから、ツルスベの原因がはとむぎかはわからないけど。はと麦は昔から肌にいいと決まっているので、これのおかげだと思い込んでいる。ついでにいつものアーモンドも買った。

 

 

次に土鍋。二ヶ月くらい前だったか、使っていた土鍋の蓋を落としてしまって見事に割ってしまった。なかなか気持ちのいい割れ方だった。土鍋というのは蓋がないとなかなかに使いづらい。別の鍋の蓋はあわないし、仮にあったとしても魅力が半減する。蓋をなくした土鍋に魅力を感じなくなった僕は、それ以来興味を失っていた。

 

「そろそろ鍋の季節だよなぁ」

 

冬は鍋に限る。なんといっても料理が楽だし、それなりに美味しい。洗い物も少なくてすむ。近所のホームセンターなどで見て回ったこともあったのだが、いかにも安っぽい土鍋、妙なデザインの土鍋しかなく手にする気持ちすらわかなかった。百均で土鍋を買う勇気などないので、それは論外。

 

 

でも、鍋の季節になったのだから買うしかないだろう、土鍋を。仕方がないだろう。Amazonギフト券が五千円分くらいあったのでAmazonで購入。買うなら絶対に白の土鍋!と思っていたのだが、直前になって黒の土鍋にした。白だと思っていたことが黒にひっくり返るというのはよくある話だ。

 

もうひとつ買ったものがあるのだが内緒。卑猥すぎていえない。