ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

持ち物が多いなと思った引越しの日

引越し

仕事の都合で来週からしばらく地元を離れる。期間は三ヶ月。ひと夏を別の地で過ごす格好になる。

 

三ヶ月というのは微妙に中途半端な期間で、いつもの出張+αの荷物で過ごすには少し長すぎる期間。かといってガッツリ生活の基盤をそちらへ移すほどでもない。 

 

まあ、どちらにせよ、今の僕は持っているモノが少ないので引っ越しは楽チンさ!なんて思っていたのだが...。 

 

荷物

 

いざ必要な荷物を一箇所に集めてみると、なんとモノの多いこと!あっという間にゴミ屋敷みたいな部屋になった。あまり明瞭に持ち物を写すのもアレなんで、あえて写真はブレブレにしています。 

 

もちろん、ここにあるものが全てではない。それらも一箇所に集めたら、、、おそろしいことになる。そっか、僕んちは無駄に広いからモノが少なく感じていただけなんだなぁ。ワンルームに住めば、きっとモノでギュウギュウになる。

 

モノの体積的に大きいのはプロテイン。5kgのそれを先日買ったばかり。それにサプリメントやオーツなど。

 

靴も幅をとる。洋服は畳んでしまえばコンパクトだし、夏服ということもあり、それほど空間を圧迫しない。

 

あとはゴチャゴチャとした小物と仕事の道具。それにパソコン。ゴチャゴチャしたものはどうにか処分したいところなんだけど、手にしてみればどれも捨てられない。

 

コップはコーヒーやお茶を飲むのに必要。爪切りも必須。使いかけのオリーブオイルもまだ大半が残っているから持っていく。

 

食品類は今日という日をターゲットに全てを食べ切るように調整してきた。が、ポン酢を飲み干すわけにもいかないので、残った1/4のそれはもったいないが捨てた。ワサビやシナモンパウダーなども捨てた。罪悪感。

 

そんなこんなで持っていく荷物はこんな感じ。

 

荷造り

 

小さい箱1つ、中くらいの箱2つ、衣装ケースにタニタの体重計。たくさんのモノがあるなぁなんて思っていたけど、まとめてしまえば案外こんなもの。

 

引っ越し屋さんも「へ?これだけですか?」なんていってたくらいだから、運ぶ荷物としては少ない方だろう。

 

帰ってくるときはこれよも少なくしてやるんだ。靴の一足は捨てるつもり。でも、夏用の家着を買うつもり。プロテインはうまく調整して運ぶ荷物にならないように。でも、向こうで布団を買うかも。減る気がしない。