ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

家電リサイクルと小型家電リサイクル

週末から今日にかけて減らす作業に勤しんでおりました。 土曜日、それは庭掃除の日 今日は庭掃除の日です。夏の間放おったらかしの状態だったので草木は勢いよく成長してございました。かつて、そこにあったであろう道さえも遮ってしまう状態。獣すら通って…

いるかいらないかを迷っている時点で、それは必要なものではない

今の僕は一般的な人からすればかなり所有物は少ないと思います。部屋を見た人から「生活感ないよね」って言われることが多いですから、傍目からみてもそうなんだと思う。 だけど、自分としてはまだまだ捨てたい気持ちがあります。漠然と部屋を眺めて「なんか…

見るたびに顔の印象が違う人

「アズさんってみるたびに顔が違う」って言われることがあります。よく言われます。そんな人っていますよね。印象が薄いのとも違うし興味がないわけでもないし。だけども顔の印象が一定しない。 そもそも興味がない人であれば、印象が違うとか違わないとかそ…

「今の家にはなにも残さない」までにモノを減らす

二ヶ月足らずで、また引っ越さなければいけない。今度は本格的な引っ越し。引っ越しなんて何年ぶりだろう。県外に住むことなんてもっと久しいことかもしれない。 そんな状況なので、やることはたくさんある。やることリストのひとつにモノを捨てるという作業…

となりの男がしゃべらない

「おはようございます」といったきり、今日一日、となりの男とは会話を交わすことはなかった。 会社で僕のとなりに座っている男の話である。 先月からさかのぼっての三か月、僕は今の部署を留守にしていて、遠く離れた別の場所で働いていた。このことはこの…

鉄のフライパン「COCOpan (ココパン) 」を購入した

僕はフライパンをダメにしてしまう天才です。焦げ付かないはずのテフロン加工のフライパンをどれだけ焦がしてしまったか。ダメになったテフロン加工のフライパンはどう考えても体に悪そう。 「今度こそは鉄のフライパンにしよう!」とずっと考えていたんです…

「殺人犯はそこにいる」を読んでの感想

「隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」がこの本のサブタイトル。 最初の誘拐殺人事件がおきたのが1974年。それから1996年までの間に北関東の半径20km以内で5件の類似事件がおきている。いずれも女児が被害者となっている。 実は犯人とされた人物が逮…